英会話 渋谷は「渋谷で英会話学校に通うにあたり」の制度について

どんな制度がある?

英会話学校を選ぶときには、どのような制度があるのかということも確認をしておく必要があります。制度としては、振替制度や担任制度、レベルチェックの制度などがあるので、それぞれの制度についてどのようなものなのかということや、メリット・デメリットについてお伝えしていきましょう。
まず、振替制度についてお伝えしていきますが、子どもが風邪を引いてしまったり、残業などで急な仕事が入ってしまったりしたときに、授業をお休みせざるを得ないこともでてきますね。そのような場合、振替制度のある英会話学校であれば、お休みした授業を回数分他の日に受け直すことができます。振替制度があることによって、授業料を無駄にすることがないのがメリットでしょう。

担任制度とは、受講している期間ずっと同じ講師に指導をしてもらえるという制度です。長期間同じ講師の指導を受けることによって、講師に自分の弱点を知ってもらうことができるため、間違いを指摘してもらいやすく英会話の上達にもつながるでしょう。レッスン回数を重ねるごとに、講師と仲良くなれるので緊張することなく授業を受けられるというメリットもあります。
デメリットは、受講期間が終了するまでずっと同じ講師で受けなければならないので、自分と合わない講師の場合には英会話学校に通うのが嫌になってしまうことがあるかもしれない点です。担任制度のある英会学校に入学するときには、講師が合わない場合には、変えることができるのかを確認しておきましょう。

レベルチェック制度についてですが、入会するとまず自分の英会話レベルをテストされ、大体同じレベルの生徒同士が集まって授業を受けるようになります。これは自分の英語レベルにあった授業を受けることができるという点がメリットでしょう。授業を一緒に受ける仲間のレベルもほぼ同じなので良いですね。
もしレベルチェック制度がないと、英語初心者の人も上級者の人も同じ教室で受けるようになるため、上級者の人にとっては初心者に足を引っ張られてしまうというデメリットがあります。また、初心者の人にとっては、自分よりレベルが上の生徒と講師の会話がハイレベルすぎて理解できないというデメリットがあるでしょう。